日本デザインプランナー協会

自分のもつ創造性を活かしたデザインを仕事にしたいと思ったことはありませんか?それを実現できる可能性は、日本デザインプランナー協会で取得できる豊富な資格で得られます。

日本人なら知っておきたい!のし紙のルール覚えてますか?

日本デザインプランナー協会のブログへようこそ!

ここでは日本デザインプランナー協会の資格にちなんだトリビアをご紹介します。

 

のし紙を使う機会って年齢を重ねる度に増えていきますよね。

 

ただ日常的にあることではないので、ついついそのルールを忘れてしまいがち。

 

ちょっとここでおさらいしてみましょう。

 

○ のし紙の種類

1.お祝い:紅白蝶結び/花結び

簡単に結びなおせることから、「何度あってもいいお祝い事」に使われます。

 

水引の色は紅白の他に金と赤、金と銀を使うこともあります。

 

《例》

お中元、お歳暮、出産祝い、入学祝など

 

2.お祝い:結び切り(10本)

引っ張ってもほどけないことから「一度切りのお祝い事」とに使われます。

 

主に婚礼用です。

 

10本の意味は「夫婦はふたりでひとつ」。

 

5本2組ををひとつに結んで一組にしています。

 

3.お祝い:結び切り(5本・7本)

「重ねて起きてほしくない」という意味から、お見舞いや全快、快気祝いに使われます。

 

お見舞いの場合は「病気を延ばす」と受け取る人もいるため、のし紙なしで贈ることもあります。

 

4.仏のし:結び切り(黒白)

「二度と繰り返したくない」という意味から、お悔やみ全般に使われます。

 

本来水引の本数は2本、4本、6本の偶数でしたが、現在では5本と7本が一般的になっています。

 

《例》

ご霊前、お供え、法事のお返しなど

 

○ 外のしと内のし

贈り物を強調したい時、あるいは手渡しの時は「外のし」にします。

 

外のしとは包装後にのし紙をかけること。

 

一方控えめに贈りたいという場合は、品物に直接のし紙をかけその後包装する「内のし」にします。

 

○ のし紙の名前の書き方

送り主の名前は一般的なお祝いなら苗字だけにします。

 

出産の内祝いなら子供の名前を書きます。

 

そして連名の場合は右から地位や年齢順に。

 

地位や年齢が関係なければ右から五十音順に書きます。

 

のし紙の選び方や書き方は常識なので覚えておきたいですね。